ニュース&コラム

  • operation

    【ホテレス連載11】大きくて古い船ほど動かない

    最盛期は地域一番のホテルとして反映し、ある程度規模も大きく、古くからのスタッフが管理職として無駄に残っているような組織体だと、新しいことには全て否定的にとられ、…

  • operation

    【ホテレス連載10】婚礼現場の気持ち

    毎月の目標を追いながらも、日々の業務に追われ、顧客からのコンプレイン対応や業者との折衝や報告書の作成など、ウエディングプランナーにはストレスがあふれんばかりにた…

  • operation

    【ホテレス連載9】60名の披露宴には58名の新規客

    こう考えてみてはいかがでしょうか。土日にホテル内で遭難しかかっている新規の二人は、結果的に60名で250万の売り上げが上がるとします。そして、1年後のディナーや…

  • operation

    【ホテレス連載8】新郎新婦に優しくして欲しい理由

    新郎新婦とはセンシティブなだけに、非常に優しく接して欲しく、誰からも祝福を受けるものだと考えています。また自分たちのこれまでの苦労をわかり、それを喜びという名の…

  • operation

    【ホテレス連載7】新郎新婦の気持ち

    二人は、ひょっとしたら苦労して出会い、やっとのことで付き合いが始まり、色々ありながらもついにプロポーズし、お互いに親に話したら大反対にあい、破談になりかけながら…

  • operation

    【ホテレス連載6】マイホテルの必要性

    誰しも行きつけのレストランやショップを持っています。そこにはいつものお気に入りのメニューやスタッフの笑顔があります。信頼しているセールスパーソンのオススメや新し…

  • operation

    【ホテレス連載5】ブランドの個性を発揮すべき理由

    これだけブランドを吟味してくださる顧客に対して、ざっくりとしたマーケティングや通り一遍の商品とセールスマインドで望むのはもったいないのではないでしょうか。それこ…

  • operation

    【ホテレス連載4】ブランドロイヤルティーを最も感じる婚礼客

    ウエディングを実施する場所を選ぶにあたって、新郎新婦はどれだけの情報を収集しているのかを想像してみてください。Webの口コミに始まり、気になったところはオフィシ…